中学生の福祉実習

当施設では、中学生の福祉実習をお受け入れ致しました。

 

介護施設での介護体験を通して、高齢者の方々をサポートしている職員から介護の現状を学ぶとともに、将来にわたり主体的にボランティア活動を取り組む態度の育成を主な目的としています。

 

生徒の皆さんも最初は戸惑った様子でしたが、

「利用者と目線を合わせて大きな声で話して」と職員から助言されると、

次第にコミュニケーションを取れるようになりました。

実習2日目には、生徒自身が準備したレクリエーションもしていただき、
ご利用者様も楽しく参加されていました。

 

生徒さんの感想は、

「話の内容がころころ変わってつながっていないけど、逆に会話の幅が広がっていくのが楽しかった」とのことでした。