感動的な場面です。

体の痛み・不安などにより、介護保険のサービスを受けず、自宅のベット上で過ごすことが殆どだった女性が、担当ケアマネージャーさんの、度重なる訪問・面談の末、数か月の月日を経て、ようやくデイサービスをご利用出来るようになりました。

最初は  家から出られるかしら? 歩行は大丈夫? デイで起きていられる?

みなさんとの交流は? などなど…様々な心配が多くありました。

ところが‥‥

浴室では‥他利用者様やスタッフの励ましで、ほぼ自身で更衣

交流では‥「こんなに楽しいんだから寝なくていいワ」と、横になっての休養の勧 

        めにも応じることなく、皆さまとの会話を楽しまれ、終始  笑顔

そして・そして‥  スタッフ一同 目が点!!

混乱や不安で、落ち着かない女性の利用者様を心配され、自身から声を掛けられ、「一緒にお散歩しましょうよ」と、席を立たれ、その方の手を取り、センター内をぐるっと一周。

えっ? 何? 何がおきているの? ホントにびっくりしました。

不安がいっぱいで動けなかった方が、人の為に動いているんですよ。

感動のあまり、目がウルウル…思わずカメラを取りに走り・カシャカシャしてしまいました。

人って凄いですね 生涯  “心” 〝能力” を持ち備えているんだって実感した瞬間でした。