永遠のお別れです。

お手紙のご紹介をさせて頂きます。

以前、花の路。デイサービスをご利用して下さっていた女性と同居しておられた娘様より、とても寂しいですが・・・・と、とても嬉しいお手紙をいただきました。

 

この方は認知症の方で、帰宅願望が強く、又、徘徊もあり、自宅から外出され、迷ってしまわれ、転倒・けが・警察の方の保護・・・自身の言動、親子・夫婦間での会話、交流など、今さっきの記憶に乏しく、お二人の娘様をはじめ、ご主人、ご家族の方々の懸命な介護・様々な葛藤を繰り返しながら、デイサービスの利用・グループホームへの入所、それぞれの場面に於いて、家族の一員を他者に預けるということは、とても大きな決断であり、またそれを胸の奥でご自身を責められていたことと思います。

 

長きの人生を全うされ、ご家族様に感謝の気持ちいっぱいで天国へ旅立たれた 様 。

ご冥福をお祈りするとともに、日ごろ、花の路。デイサービスのブログを見て下さっている皆様方に、娘様よりのお便りをご紹介させて頂きます。

 

 

デイサービスであり、施設であり・・・自宅ではない、少々距離・時間をおいた場所での生活を送っていただくことは、私達ケア提供者の、ご家族様へ対するケアでもあり、そのご家族を支える事が、認知症の方を支える事に繋がっていくのではないかと、常に思います。

 

 最後に 〇光 様 

この度は、この様なご丁寧なお便りをありがとうございました。

スタッフ一同ウルウルしながら読まさせて頂きました。

 

母上様はとても可愛いらしい女性でしたよ (^.^)

多くを自問自答しながらの介護・お疲れ様でした。

これからも素敵な笑顔でお過ごし下さい。